RFX・・・・8マーン!!(徒然cannondale日記改め)
ロード歴3年!! 愛車の「RFX8」に跨って・・・・ホビーレースに無謀な挑戦しています(^.^)。あと、ちょこっとだけ、競馬予想も・・・・。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日の日記のコメント欄で、盛り上がりをみせた「のぞき坂」に行って参りました

当日は、自走して行こうかと思ったんですが・・・・パンク修理に不安を残す私・・・・飯田橋までは車で出陣→ひぇぇぇぇ、根性なし~

100円パーキングに自転車を停めて、一路「目白」へ。

日産目白

都電の学習院下駅の踏み切りを渡ります。

クリーニング屋さん

で、クリーニング屋さんの角を左に曲がると・・・・


どどどぉぉぉぉぉぉん!!

どどど~ん

写真では、結構緩い斜度に見えますが、肉眼で見た感想は・・・・


壁!


見た瞬間、あまりの斜度に・・・「はっ、はっ、はっ」なんて笑っちゃいました。


ここまでの坂は登ったことがないので、フロントを32Tにして登坂開始・・・・

さすがに、23%といわれる坂はヘビーで、脚もほとんど回らず、フラフラとふらつきながら登ります・・・・・すると・・・・

「ありゃぁぁぁもう、登りきっちゃったぁ~

この坂・・・・急なんですが、距離も非常に短いんで・・・・案外、簡単に登れちゃいました

ちょっと、物足りないので、学習院大付近を走って、再度の登坂。

またもやフラフラと登っていると・・・・


前から自動車!

避けようとすると・・・・ありゃぁぁぁ、壁にぶつかるぅぅぅぅ

なんとか、足をつかないで2回とも登れましたが・・・時速は8㎞くらいでしたねぇ~


で、どちらかというと、辛かったのが下り坂。

上から


ちょっと普通じゃぁない斜度で・・・・

フルブレーキングでオソル、オソル下るしかなくって・・・・→もしかしたら、登りよりも遅かったかも?


ちょっと、ロードの練習には不向きですが・・・・よかったら、一度チャレンジしてみてはいかがでしょう?

                  ↓応援のクリックお願いします↓
      ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 自転車ブログへ






スポンサーサイト

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

先日の父の日、家族で渋谷の「こどもの城」に遊びに行った帰りに、なるしまフレンドに立ち寄ってきました。

実は、以前も言ったことがあったんですが、その時は「神宮2号店」に行ってしまいまして・・・・「あれっこんなに品数少ないお店なの」ってな感じだったんで・・・今回は神宮1号店に行ってきたわけです。

さすがに日曜日ということもあって、店内はかなりの人の数

店舗自体は大きくないですが、ステムやハンドル等の品数は充実

他のSHOPでは「ショーウィンドウ」の中に入っていて、なかなか手にすることができない(→買いもしないのに、店員さんに「これ見せてください」っていうのは、なかなか言いづらいんですよねぇ~)10,000円クラスの製品も普通に展示販売されているのはよかったですね~

その中に、以前から欲しかったZIPPのカーボンハンドルを発見

しかも安い


残念ながら・・・・420mmしか在庫がなくって・・・・


「あぁぁぁ、残念~」なんて思いながら店内を散策していると・・・・

娘「パパ~、これな~に」
私「うーん、なんだろうね~。見たことないな~・・・・あれっ


Jagwire (ジャグワイヤー) CHA037 TUBE TOPS3G

私「これは、ワイヤーっていうのにつけて、自転車(ヘッドチューブ)に傷がつかないようにするやつだよぉ。パパ、これ欲しかったのぉぉぉ」

思わぬ掘り出し物を発見

このワイヤーガード?は2種類あって、簡単に装着できる「切れ目入り」の方を購入→もう一つは、一度ワイヤーをはずして装着するタイプでした。

レジへ向かうと・・・

娘「父の日のプレゼントね
私「あの~、私がお金出すんですけど」

すると店員さん

店「今日、父の日なんですね~。今、気がつきました」


結局、家族からは何ももらえなかったんですが・・・・まぁ、良しとしますか

                  ↓応援のクリックお願いします↓
      ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 自転車ブログへ






テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

えーっ、大層なタイトルですが・・・・

なんのことはない、自分で走っただけでして

今月の「バイシクルクラブ」の特集が「まずは時速25kmから」って内容で。

「今年はヒルクライムで行きます」って宣言しつつも・・・平坦路でも少しは速くなりたい

ということで、荒川CRで一人個人TTやってきました。

コースは小松川橋をスタートして、荒川河口まで行って折り返して北上。途中で折り返して帰ってくるという、非常にシンプルなコースです。


今回の目標は・・・・

◆1時間走る
◆時速は30km
◆1時間で燃え尽きるペースじゃぁなくって、もっと長い時間走れるペースで走る
◆風向きでタイムに影響がでないように、行きと帰りは同じ距離を走る


の3点。

で、結果ですが・・・・・


1時間8分で、平均時速30.2Km


おぉぉぉぉ、やるじゃん俺→速い人は「なーんだ、それくらい」なんて、笑わないようにね

途中で数箇所自転車を止めなければならないところがあったんで・・・上出来、上出来


思い起こせば、半年ほど前・・・・

ロードレーサーに乗り始めたばかりの頃は、ケイデンスやギア比なんか意識することもなく走って、平均時速24Km程度だったのに・・・

ちゃんと速くなっているのね


次回は、2時間、平均時速30Kmに挑戦だぁぁぁぁ・・・・って、いつのことやら

                  ↓応援のクリックお願いします↓
      ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 自転車ブログへ






テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

Mt.富士ヒルクライムが終わって気がついてみると・・・・・

今後の予定が何も決まっていなーい→実は、筑波10時間耐久に出場しようと思っていたんですが・・・・7月14日は娘の誕生日で・・・・さすがに断念しました

という事で、取り敢えず、今後のレース予定なんぞを考えてみようかと・・・・

○第1回東京ヒルクライムNARIKIステージ【8月19日】
 青梅で行われる、第1回のヒルクライムレース。2ステージ制で、第1ステージを45分以内でゴールしないと第2ステージに進めない・・・という、なかなか面白いレースです→45分以内でゴールできない人は、山頂で待っているようで・・・・大丈夫かなぁ

○2007東京シティサイクリング【9月16日】
 これはレースではないんですが、以前から一度出てみたくって。のんびり東京の街を走ってみるのもいいかなぁ~なんて。

○第4回富士山国際ヒルクライムサイクルロードレース【10月7日】
 表富士自転車登山競走→Mt.富士ヒルクライム・・・ときたら、もう出るっきゃないでしょう「平均勾配10%最大勾配22%」。私の実力では完走も怪しいですが、走ってこようと思います。

○龍勢ヒルクライム2007【11月18日】
 こちらも去年から出場したかったレース。かなりレベル高そうですが・・・最後方を登りますかねぇ~。ただ、去年、初めてロードのレースに参加した第2回セオサイクルフェスティバルが1週間後で・・・・。そっちに参加して、去年の自分と今の自分・・・どの程度力がついたのか、試してみたい気もしますし・・・・悩みどころです。

○ファンライドプレゼンツ TOKYOエンデューロ クリスマス・エディション【12月15日】
 昨年はツーキニストさんと二人で参加して・・・もうちょっと頑張れば30位以内だったんですよねぇ~。今年はTOYOさんを入れた3人で出るもよし、ソロで勝負するもよし。走り納めです。

もし全部参加できれば、ヒルクライムは3回

今年は、ヒルクライムでいきますよぉぉぉぉぉ

                  ↓応援のクリックお願いします↓
      ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 自転車ブログへ






テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

集中力が切れたまま、淡々と登っていくと・・・・・

表富士の時と同様・・・心の声が・・・

「何をしてるんだぁぁぁぁぁ、頑張って登れぇぇぇぇぇ」

「はっ」

我にかえりましたね。

「いかん、いかん、まったりしてしまったぁ」

気合を入れてペダルを踏みます。

そこからは、基本に返って「自分よりもちょっと速い人についていく」作戦です。


速い人についていって、その人がタレタラまた次の人へ・・・・うーん、まさにハイエナ・・・・。


しばらくすると、2人組の方が、

「列車乗りますか~」

おぉぉぉ、なんていい人だぁ

実は、その時も私の前を引いてくれている人がいて、2人組みの人は、私の前の人に声をかけてくれたんですが・・・・

遠慮なく、3番手に入れさせていただきました→うーん、最低だなぁ、俺→その2人組みの引きはなかなか強烈で・・・・次の傾斜でちぎれちゃったんですけどね

その後も、誰かのお尻につく→その人がタレル→次の人のお尻へ、の繰り返し。

すると今度は、グレーのチームジャージの2人組が登場。

「おぉぉ、この人たち、いいペース」

その後は、ずっとこの2人に引いてもらいました。


大沢駐車場では、地元の太鼓の会の皆さんが太鼓を敲いて大応援。

疲れた体に、最後の力がよみがえってくる感じ・・・・本当に感謝、感謝です


最後の20㎞の計測では、スタッフの方が・・・・

「みなさ~ん、楽しいレースもあと4kmですよぉぉぉぉ」

周囲のみんなと「まだ4Kmの間違いだよぉぉぉ」なんて言いながら、苦笑→こういったのもヒルクライムならではかなぁ。


しばらくすると、最後の平坦区間が登場

サイコンを見ると1時間40分くらい・・・・・

「ここで、行かなきゃ、どこで行く

最後の直線は自力勝負目一杯回します。

「すっ、すいません。右空けてくださ~いぃ」

こんなセリフ言ったの初めてかも→かなり小声でですけどね

さすがに、40㎞/hはでませんでしたが、38km/hくらいでの全力疾走


トンネルを抜けて・・・・

「やったぁぁぁぁ、ゴールだぁぁぁぁ」

と思ったら・・・・

「あれっ、坂

いきなり目の前に激坂登場

「あれぇぇぇぇ、最後に坂あるんだっけ!?」

完全に平坦区間で脚を使いきっていたので・・・・短い距離なんですが、脚を回す力が残っていなーい

隣を見ると、緑色のジャージの方も・・・・

「おぉぉぉ、マジカヨォ」

スタッフの人は「前向いて~、もうゴールだから急がないで~」って言うんですが・・・・

「すいません、急いでないんですよぉ。ダンシングしないと・・・もう、登れないんですぅぅぅぅ」

最後は、緑のジャージの方と一緒に・・・・

「おぉぉぉぉぉぉぉ」と叫びながらゴール

ゴール付近
※ゴール付近は「真っ白け~」


「いやぁ、最後きつかったですね」
「最後の直線で脚、使いきっちゃって~」
「俺もメイチだったから~」
「いやぁ、お疲れさまでした」


ゴール地点は・・・・寒ーい。

レストハウス
※レストハウスも真っ白け~


タイムを見ると、サイコンでは1時間42分。

いつリセットしたか憶えていなかったんで微妙ですが、取り敢えず1時間45分は切れたみたい

ゴール地点で、荷物を受け取り坂を下ります。

荷物受け渡し
※荷物の受け渡し場所も当然、真っ白け~


やっぱり、ヒルクライムはこの下っている時が最高かも!?

「俺、良く登ったよなぁ~」

なんて、感慨深~い。


富士北麓公園で吉田うどんをほおばって、ご帰宅です。


ちなみに・・・・正式タイムは・・・・

1時間35分でした

おっ惜しい・・・・もう少しでブロンズシールだったのねぇ~

でも、めちゃ、めちゃ楽しかったですし、ヒルクライム3回目にしては上出来、上出来ですよね


一緒に参加したツーキニストさんは、見事ブロンズシールをGET。

TOYOさんは3時間きり(ちなみにTOYOさんはフロント42Tで登りきったんですよぉぉ)で完走。


今まで参加したイベントの中では、規模も運営方法も最高の大会で・・・・大満足できました。

来年は、目指せ1時間30分切りです

                  ↓応援のクリックお願いします↓
      ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 自転車ブログへ






テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

料金所の手前の計測開始地点過ぎて、いよいよレースのスタート

「あれっみんな遅い

「用足しタイム」の影響で、集団の最後方まで下がっていたせいか・・・回りの皆さんは、どちらかというと、のんびり登坂モード。
この中で包まれちゃうと、タイムロスも大きくなりそうなので、コースの右側に出て、ペースアップしていきます。

富士ヒルクライムコース

私の当日のギアは、前が50T-42T-32Tで、後ろは14T~25Tの「保険付きヒルクライム仕様」。

で、今回の目標は・・・・・

一、1時間45分は切る
二、登坂ケイデンスは75~85が今の自分にはあっているので、こまめにギアチェンジする
三、表富士の時のように、回りのペースに惑わされない


とにかく、マイペースって感じですね。

料金所を過ぎてから、しばらくすると傾斜が緩くなってくるのですが、ここでケイデンスを上げると、表富士のようにペース配分がおかしくなってしまうので、フロントを42Tにして75~85回転をキープ

その後も32T&42Tを傾斜によって使い分けながら登っていくと・・・最初の5kmのチェックポイント。

ここでちょっと問題が・・・・・

サイコンをリセットしたのがいつかなのか・・・憶えていなーい

スタート前に、「計測開始地点でリセットするのは危なそうだから、早めにリセットして、計測地点でタイムを確認しておこう」と思っていたんですが・・・・

いつリセットしたのかも、計測開始地点で何分経っていたのかも・・・すっかり忘れてしまいまして・・・・

「取り敢えず、サイコンのタイムから2分くらい引けば・・・いいかぁ

なんて感じで、もの凄くアバウトにタイムを管理しながら登ることになっちゃいました。

このあたりから、後発グループの速い人達にガンガン抜かれていくんですが・・・・

MTBのTOPの人達の速さにビックリ

凄く綺麗なペダリングで颯爽と走っているんですよねぇ~→ロードで走ったら・・・もっと速い


で、このあたりから、私の体にもう一つ問題が・・・・

「あれ~っ、おしっこした~い

スタート前に、シッカリ済ませておいたんで、行きたくなる訳はないんですが、妙に下半身がムズムズ。

どうやら、スタートしてからずっとハンドルを引っ張りながらの前傾だったんで・・・尿道が圧迫されちゃったみたいなんですよねぇ。

エッチラ、オッチラ

その後は自分のポジションを確認しながら、登っていくようにしたんですが・・・・しばらくは、このムズムズ感が気になってしまいました→この後は、ダンシングを連発・・・・加速したいんじゃぁなくって、ムズムズするからしょうがないって感じでした

2合目→10㎞チェックポイント→樹海台駐車場と傾斜&平坦が繰り返しくるんですが、10Kmを過ぎてから・・・ペースダウン。

「10km・・・・まだ半分も登ってないのか~。まだまだ長いなぁ~。」

このあたりになってくると、回りの人達も実力的に変わらない人達で、「抜きつ、抜かれつ」っていうのも少なくなってくるんですよねぇ~

「このまま、みんなとゴールすればいいやぁ~」

「このペースなら、苦しくないし~」

完全に、集中力が切れてしまったのでした・・・・

                  ↓応援のクリックお願いします↓
      ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 自転車ブログへ






テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

当日は、朝3時に起床

淋しい内容の食事を済ませて、自動車で富士山北麓駐車場へ。

表富士自転車登山競走の反省を踏まえて、今回はローラー台を持参。20分程度UPしました。

ツーキニストさんに連絡をとってみると「もう、みんな整列し始めてるよぉ」

スタート前

さすがに4,000人は凄い

トイレに行って自転車のところに戻ると・・・・

自転車がどこにあるかわからなーい。

冷静を装いながら・・・・結構、焦って探しちゃいました→スタートまでに自分の自転車見つけられなかった人、いたんじゃぁないかなぁ

会場では「サロメチール」の無料、塗り放題サービスも実施中。

運動中に筋肉に乳酸がたまるのを防ぐ効果があるとか・・・・

ふくらはぎ&太ももに塗ると・・・・

「冷ややか~」

うーん、今日はかなりいけそうな感じになってきたぞぉ→単純だなぁ

ちなみに、私の当日のいでたちは、キャノンデールの半袖ジャージ+半レーパンの下に長袖ユニクロ&長スパッツという感じ。

結果的には、大正解だったかなぁ→後半、威力を発揮しました。

富士ヒルクライムコース

コース図はこんな感じ・・・・

エキスパートクラスの方から、順次スタートです。

私のクラスは800人くらいの大人数。

計測地点までの1kmはパレード走行なので、ノンビリノンビリ登ります・・・・っと・・・・

「あれーっ、おしっこした~い

緊張のせいなのか・・・・急激に尿意が。

「どうしよう。途中で休憩したくないしな~」

なんて思いながらカーブを右に曲がると・・・・


みんな路肩に下車して、用足し中


その光景は・・・・まさにツール・ド・フランスのワンシーンのよう

私も便乗させていただきました→よく考えると「富士山憲章」に違反しているような・・・・キチンとトイレは済ませてレースに参加しましょう

さぁ、次のコーナーを曲がれば、いよいよ計測開始地点・・・・レースのスタートです



といいつつ・・・・今日はここまでで・・・・詳細は、また明日~

                  ↓応援のクリックお願いします↓
      ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 自転車ブログへ






テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

行ってきました・・・・Mt.富士ヒルクライム

今回は、私、ツーキニストさん、TOYOさんの3人揃って参加のヒルクライム。

前日受付なので土曜日の「2時~2時30分に宿に集合」ということで、家を出発。一路富士山を目指します。

中央道は渋滞もなくスムーズ・・・・・順調に走っていると・・・・「左方向 富士吉田 河口湖」の表示。

「あれーっ、ここでいいと思うんだけど・・・・カーナビなにも言わないなぁ」

「取りあえず、直進しておくか~」

しばらくすると・・・・

「まもなく、左方向、河口湖方面です」

「えーっ

「ちょっと待って・・・・


結局・・・・・勝沼まで行っちゃいました


勝沼からは一般道で、富士吉田へ。

予定を大幅に上回って3時過ぎに宿に到着・・・・・ツーキニストさん、TOYOさん、ゴメンナサイ。


宿から、受付会場の富士山北麓駐車場までは、自転車で向かいます。

暗雲


今回の参加賞は、Tシャツ、CCDドリンク、ハワイウォーター→ハワイの天然水みたいなの

CCDドリンクは、私の家の近所では売っている店がないんで、ラッキー

出展ブースも今までに参加したどのイベントよりも充実。

BMCのブースなんて初めてみたような・・・・

「ヒルクライムバイブル」の著者、プチ監督もGIANTのブースでフィッティング講座!?を開催。

インターマックスのブースには、あの今中大介さんが・・・・

今中さん


今中さん、小柄な方だと思っていたんで・・・・結構、大柄なのにビックリ

ちょっとばかり試走をしようということで、料金所まで登ってみました。

体調が心配でしたが・・・・結構いい感じでペダリングできたんで・・・・

「よし、これなら行ける

なんて、一安心しながら、受付会場に戻ってみると・・・・・テントの下に人だかりが・・・・・

「あれーっ、食べ物配ってるぅぅぅぅぅ」

肉団子、サンドイッチなどなどが振舞われていたらしいんですが・・・・

何も残ってなーい

かろうじて、おいなりさん2個、ポテトフライ2個だけGETできました。


さぁ、旅館に戻って、美味しいものを食べて・・・・なんですが・・・・・


今回宿泊した某民宿・・・・・正直、イマイチで。

「朝食3時ですが、4時とかに食べてもいいんですか

「いえ、3時です。スポーツする3時間前には食べなきゃだめでしょう」

えぇぇ、おっしゃるとおりなんですけど・・・・融通きかないのね。

ちなみに、タオルもなくって・・・・ツーキニストさんは150円出して購入です。

食事も・・・淋しかったぁぁぁぁぁ


部屋は6人相部屋で、私たち以外にも3人のグループの方が・・・・

「何時に寝ます

「朝、3時ですもんねぇ」

「遅くとも・・・・9時には寝ないとねぇ~」

夜の宴を楽しむこともなく・・・・9時に就寝。

さぁ、明日はレースだぁぁぁぁぁぁ

って、この続きは、また明日

                  ↓応援のクリックお願いします↓
      ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 自転車ブログへ






テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

Mt.富士ヒルクライム・・・・いよいよ明日です。

今日の昼ごろこちらを出発して、

軽く試走→受付→前夜祭→宿でお食事→就寝

って感じですね。


ただ問題が・・・・・


実は、火曜日からずっと「風邪ぎみ」で・・・・

水、木、金・・・・3日間、自転車に乗れなかったんですよぉ

取り敢えず・・・・無理せず、完走目標で走ってきまーす

                  ↓応援のクリックお願いします↓
      ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 自転車ブログへ






テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。